製品紹介

サイトトップ > 製品紹介 > 自動車 > 光学特性

住友大阪セメントの熱線・紫外線遮蔽フィルム「レイバリヤ」は、独自の酸化ナノ微粒子の特徴を生かし、高い可視光透過率を維持しながら、非常に高い熱線・紫外線遮蔽性能を有するフィルムとなっております。

SHSシリーズ

TFIシリーズ

標準シリーズ

レイバリヤの実車への貼付による温度上昇試験

住友大阪セメント熱線・紫外線遮蔽フィルム「レイバリヤ」

SHSシリーズの光学特性

分光曲線、可視光透過率グラフ(上記フィルム)

住友大阪セメント熱線・紫外線遮蔽フィルム「レイバリヤ」

TFIシリーズの光学特性

分光曲線、可視光透過率グラフ(上記フィルム)

住友大阪セメント熱線・紫外線遮蔽フィルム「レイバリヤ」

標準シリーズの光学特性

【レイバリヤの実車への貼付による温度上昇試験】

「レイバリヤ」を実車に貼付し、車内の温度上昇抑制効果をガラスのみの場合、市販の低透過率フィルムを貼付した場合と比較した。
その結果、「レイバリヤ」を貼付することで、貼付しない場合と比較して車内の温度上昇が大きく抑えられることが確認され、市販の低透過率フィルムとの比較でもその温度上昇抑制効果が優れていることを確認した。
また。エアコン作動時における温度降下に関して、レイバリヤ貼付車は市販の低透過率フィルム貼付車及び無貼付車と比較し、その速度が速く、エアコンによる燃料消費を抑制できることを確認した。

テスト実施場所:マレーシア クアラルンプール郊外
テスト日時:2010年4月15日 10時52分~12時21分
天候:開始時は晴天、11:14より若干曇り、12:15より晴天